クリーンエネルギー事業

Clean
Energy

バイオマス燃料の
輸入販売

バイオマス燃料とは

再生可能な生物由来の有機性資源(バイオマス)を原料に作られた環境に配慮した燃料であり、燃焼の際には二酸化炭素を排出するものの、原料作物の成長過程において二酸化炭素を吸収しているために、その排出量はゼロとカウントされます(カーボンニュートラル)。

バイオマス発電のメリット

バイオマス発電は、必要に応じて燃料を投入すれば理論上は発電し続けられます。
電力は大量に貯めておくことができないので、発電量が見込めてかつ発電量が調整できるバイオマス発電は非常に貴重な存在です。
また、基本原理は火力発電と同じなので、火力発電所にバイオマス燃料を一部混合させるといったことも、比較的容易に行えるのも利点と言えるでしょう。

日本におけるバイオマス発電事情

我が国におけるエネルギーミックス政策(長期エネルギー需給見通し、経済産業省)では、再生可能エネルギー導入とバイオマス発電拡大が目標に掲げられ、バイオマス発電所の稼働と計画が急速に進められています。大型発電所の燃料を賄うには輸入材が必要とされています。

政府は2018年7月3日に「第5次エネルギー基本計画」を閣議決定。脱炭素化を目指し、再生可能エネルギーを「日本の主力電源」とすることを初めて明記しました。

バイオマス発電所が想定している燃料

  1. パーム油&PKS(パームヤシ殻)
  2. 木質チップ&ペレット
  3. 代替燃料(農作物残渣由来)

など

ESTの役割

弊社は、ASEAN諸国を中心にした独自のビジネスネットワークを駆使し、
バイオマス発電用に必要とされる高品質な燃料の長期安定供給を実現致します。

バイオマス燃料調達に対し要求される3TY

EST主要取扱品目

パーム油&PKS
(パームヤシ殻)

原産国:マレーシア、インドネシア

木質チップ&ペレット
(パイン、アカシア他)

原産国:ベトナム、マレーシア、インドネシア

代替燃料
(農作物残渣由来)

※開発中

太陽光発電部材の
販売及びコンサルティングサービス

太陽光発電設備の部材をお取り扱いしております。
また、自社発電所建設ノウハウを生かして、オンサイト発電事業及びFIT制度(固定価格買取制度)の
導入に向けたコンサルティングサービスもご提供致します。

販売品目:PVモジュール、パワーコンディショナー、野立及びカーポート架台
自社発電所PVモジュール
自社発電所パワーコンディショナー